アディポネクチン 増やす サプリ

アディポネクチン(長寿ホルモン)を増やす

アディポネクチンとは、長寿ホルモンと呼ばれるように、長寿の方に多くみられるため、健康で長生きするために必要となるホルモンです。

 

 

データ上でも実証されており、女性のアディポネクチンの平均値は男性のアディポネクチンの平均値の1.4倍です。(日本人の平均寿命は男性79歳、女性86歳)さらに、100歳以上の女性では、若い女性のアディポネクチンの2倍の量です。

 

 

 

 

このようにアディポネクチンとは、長寿に直結するホルモンなのです。

 

 

アディポネクチンを一番早く確実に増やすには?

 

 

アディポネクチンの具体的な効果とは?

  • 老化防止
  • 動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞の予防や改善
  •  (全身の血管の状態を改善)

  • 糖尿病の予防や改善
  • 高血圧の予防や改善
  • 高脂血症の予防や改善
  • 抗ガン作用
  • 肥満の予防や改善

このように、アディポネクチンが影響する範囲は多岐に渡り、高齢になるに従い、誰もが心配するような症状の予防や改善に効果を発揮します。

 

 

逆に、アディポネクチンが少ないと、「病気になりやすい体質」になると言っていいでしょう。

 

 

 

 

増やす食品とは何か?

実はこのアディポネクチン、脂肪細胞からの分泌のため、ビタミンやミネラルのように、直接摂取することは出来ないのです。そこで、直接摂取するのではなくアディポネクチンを増やす食品やサプリを摂ることで、増やすことができます。

 

アディポネクチンを増やす食品、食材

大豆加工食品

アディポネクチンを増やすベータコングリシニンを含む豆腐です。ところが、同じ大豆でも、豆乳や納豆はベータコングリシニンは少なく、効果は落ちてしまいます。

 

食物繊維

にんじん、トマトなどの緑黄色野菜、特に食物繊維を含むものが良いとされています。

 

マグネシウム

海藻、アーモンド、魚介類などです。カルシウムも一緒に摂ると良いです。

 

オスモチン

リンゴ、キウイ、ぶどう、トマトなどに含まれます。

 

アディポネクチンのサプリ

ビタミンやミネラルやアミノ酸などのように食事ではなかなか完全には補ず、アディポネクチンの数値もなかなか上がりません。上記のアディポネクチンを増やす食品は、日常的に食べる内容でもありますよね。

 

 

にもかかわらず、アディポネクチンの量には個人差がでます。しかも、増える食品だけを長期間ずっと食べ続けるわけにもいきません。このように、食品だけでアディポネクチンを増やすのは、実はなかなか難しいのがわかると思います。

 

 

では、アディポネクチンを効率良く増やすには、どうしたら良いでしょうか。やはりアディポネクチン専用のサプリを摂取されるのが一番効率が良く増やすことができます。

 

 

「アディポネクチン」を効率良く増やすサプリ

 

 

一番確実で早いのはサプリ

DSアディポ

まずはアディポネクチンが本当に増えたのかのデータを参照ください。アディポネクチンの量は血液の検査でわかります。飲む前と一ヶ月後では、明確に増加しているのがわかりますね。

 

 

DSアディポの内容

天然シークワーサーエキス

シークワーサーに含まれるノビレチンは、アディポネクチンを確実に増やす成分です。

 

 

大豆たんぱく

豆腐に含まれるベータコングリシニンはアディポネクチンを増やす成分です。

 

 

亜麻仁油

オメガ3脂肪酸の亜麻仁油はアディポネクチンを増やす成分です。

 

DSアディポはアディポネクチンを最も高める成分を凝縮した内容になっています。健康成分として+セサミンも配合。この成分と成分のバランスで、効率良くアディポネクチンを増加させることができます。

 

こつこつ食品などで時間をかけてもなかなか増えないアディポネクチンですが、サプリで確実に早く増やせる手段もあるということですね。

 

 

DSアディポを最も安く手に入れるには?

公式サイトからの定期コースが最安値になり、継続条件もありません。また、楽天市場やAmazonでの販売もありません。

 

通常価格12000円(税込)→初回8400円(税込30%OFF

 

通常価格12000円(税込)→2回目以降9600円(税込20%OFF

 

継続条件も無く、いつでもストップ出来てただ安くなるだけなので、少しでも安くなるこちらの公式サイトからの定期購入がおススメです。
DSアディポの公式サイトは↓↓

アディポネクチン最安値公式サイト

 

 

効果をもっと詳しく

アディポネクチンは身体の中の脂肪細胞から分泌されるタンパク質の一つで、インスリン受容体を介さないブドウ糖の取り込みや脂肪酸の燃焼、脂肪の分解等の働きをするものです。

 

 

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌するわけですから、食材から直接的に吸収するのは困難とされています。つまりアディポネクチンを摂取するという考え方ではなく分泌をサポートする為に、必要な食品やサプリを摂るという方法ですね。食品で有効なのが、大豆加工食品と言われていて、豆腐や納豆等が代表的です。

 

 

近年、アディポネクチンは様々な生活習慣病に効果があるとされていて、長寿の人にはその物質が多いという研究結果も出ています。注目されているのが動脈硬化、糖尿病、高血圧等です。

 

 

 

様々な病気に効果がある

動脈硬化にはアディポネクチンがコレステロールに働きかけ、脂質が貯まるのを防いだり炎症を抑える等で、進みを遅くするとのデータが出されています。アディポネクチンには肝臓や骨格筋の脂肪燃焼をサポートし、インスリン抵抗性を解除する働きがあるとされてます。

 

 

血糖値が上がってしまうと太りやすくなったり、糖尿病になるリスクも高くなりますが、アディポネクチンは血糖値を下がる事ができるため、糖尿病を予防する事にも繋がったり、肥満を防いでくれます。

 

 

高血圧の場合は、血管内皮細胞にアディポネクチンが働きがかけることで抑制されると考えられていて、高血圧患者にアディポネクチンの濃度が低いことからも効果があると言われていますし、血管拡張作用があるので血圧を下げる事が出来ます。それにより高血圧になるのを防ぐ事が出来るので健康面で大きなメリットになります。

 

 

年齢を重ねてくると、基礎代謝が低下してくるので中性脂肪が多くなってきます。それにより内臓に負担がかかってしまい、病気になってしまう事もありますが、アディポネクチンは悪玉コレステロールの増殖を抑制するので中性脂肪を減らす事が出来ます。それにより内臓へかかる負担を軽減する事が出来るので、病気を予防する事にも繋がっていきます。

 

 

このように、年齢とともに怖くなってくる様々な病気全般に効果が高いのが、アディポネクチン(長寿ホルモン)です。アディポネクチン一つで様々な病気の予防が出来るため、増やしてみるのも良いのではないでしょうか。アディポネクチンを効率良く増やせるサプリに興味がある方は、1度サプリの公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

様々な怖い病気に効果的!アディポネクチンのサプリをチェックしてみる?

 

 

DSアディポについて詳しく

DSアディポとは?

DSアディポは、株式会社ソルブが、アディポネクチン研究の第一人者の岡部クリニックの院長でもある岡部正医師に監修を依頼して、開発したアディポネクチンサプリメントです。

 

アディポネクチンは、1996年に大阪大学医学部の松澤佑次教授らによって発見された、脂肪細胞より分泌されるホルモンの一種です。通常ホルモンの分泌は加齢と共に低下しますが、アディポネクチンは逆に高齢者ほど高くなります。特に75歳以上から急に高くなることが明らかにされています。

 

このことから、アディポネクチンが高い人ほど長生きであることが示唆されます。そこで、アディポネクチンを長寿ホルモンと位置付け、アディポネクチン量が増加するとされている成分からなるサプリメントとして、DSアディポが開発されました。

 

 

DSアディポについて動画での解説もあるので、気になる方は見てみると良いでしょう。1分17秒で見れます。

 

 

DSアディポの成分

DSアディポには、アディポネクチンを増やすとされているシークワーサーエキス、大豆抽出物、亜麻仁油が配合されています。これらの成分は何れも、岡部正医師によって10,000件以上の論文を調査した中から選ばれた成分です。シークワーサーに含まれるノビレチン、大豆抽出物に含まれるβ-コングリシニン及び亜麻仁油に含まれるαリノレン酸が主要な物質とされています。さらにDSアディポには、これらの3成分に加えてゴマ由来のセサミンを配合し、より機能性を強化しています。

 

 

DSアディポの効果

アディポネクチンが低い人を対象に実施された試験では、DSアディポを1ヵ月間摂取した後のアディポネクチン濃度は、試験を受けた9人全員が増加を認めています。

 

 

DSアディポの特徴とまとめ

DSアディポはアディポネクチンを知り尽くした岡部正医師の監修に基づき開発された、唯一のアディポネクチン・ドクターズサプリです。9例による試験成績は、全員アディポネクチンの値に増加傾向が認められています。品質面においても、医薬品製造レベルで作られているため安心感もあります。

 

 

様々な怖い病気に効果的!アディポネクチンのサプリをチェックしてみる?

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加