アディポネクチン 増やす サプリ

食事で増やすアディポネクチン

昔ながらの日本の朝食

超善玉ホルモン、長寿ホルモンとも呼ばれているアディポネクチンですが、どうやって増やせばいいのでしょうか?アディポネクチンは脂肪から分泌されるホルモンです。けれど、脂肪から分泌されるからといって脂肪を増やせばいいというわけではありません。また、痩せていればいいというわけでもありません。適度なのが一番です。

 

 

アディポネクチンは直接摂取することはできませんが、増やす食生活があるのです。長寿ホルモンを増やす食生活とは一体どのようなものでしょうか。

 

 

 

 

まずはダイズタンパクです。大豆加工品の豆腐や納豆が摂取しやすくておすすめです。また青魚に含まれるEPAにも効果があるためサバなど良いでしょう。後は食物繊維である緑黄色野菜や、オールブランなど。そして最後にマグネシウムです。マグネシウムといえば、ゴマ、アーモンド、大豆、緑黄色野菜です。つまり、豆腐や納豆と緑黄色野菜、青魚、ゴマであれば1日1食は簡単に取り入れることができますよね。

 

 

日本の朝食に昔からよく出されていたものが、アディポネクチンを増やしやすい食事です。けれどこの食事、意識していないとついつい食べ忘れてしまいがちでもあります。意識して摂取していきましょう。

 

 

特に豆腐がお勧め?

アディポネクチンは、大豆を食べることで増やすことができます。大豆には、アディポネクチンを増やしてくれるベータコングリシニンが含まれており、食事の献立に取り入れることで、長生きしやすい食生活を送ることができるのです。大豆製品というと、納豆や味噌も健康食品として有名ですが、その中でも豆腐はベータコングリシニンが特に多く含まれているため、豆腐を食べる生活を心がけてみるとよいでしょう。

 

 

豆腐は、みそ汁の中に入れたり冷ややっことして食べたり、ハンバーグの材料として利用することもできるなど、様々な調理法で食することが可能です。カロリーも低く、ダイエット中の人でも気軽に食べやすくなっているので、毎日できるだけ食べる習慣をつけてみるとよいでしょう。食材によって、アディポネクチンを増やしていくことは可能になっていますが、食事を摂取する時には腹八分目を心がけましょう。

 

 

 

 

いくら豆腐を毎日摂取していても、毎日お腹いっぱいになるまで食べていると、アディポネクチンの働きが落ちてしまいます。満腹になるまで食べることで肥満になってしまいますが、その結果アディポネクチンの分泌は極端に少なくなってしまうのです。食事を摂取するときには、食べすぎないように気を付けてみてください。

 

 

アディポネクチンを増やす食品とサプリ トップへ戻る