アディポネクチン インスリン抵抗性

アディポネクチンとインスリン抵抗性

アディポネクチンはインスリン抵抗性にも良い影響を与える?

 

インスリン抵抗性とは、個人個人で違いがあるインスリンの効きづらさのことです。インスリン抵抗性があると、インスリンが正常に働きにくくなり、結果、インスリンが分泌されても血糖値が下がらず、糖尿病になってしまう、糖尿病がさらに進行してしまうと考えられています。

 

 

インスリン抵抗性ができる原因としては、体の中でインスリンの働きを妨害する物質が増加することで、インスリンの仕組みが妨害されることでできると考えられています。さらに具体的な原因としては、食事、肥満、加齢、運動不足、睡眠不足やストレスなどがあげられます。

 

 

 

 

アディポネクチンはインスリンの働きを良くする作用がありますが、さらにこのインスリン抵抗性にもアディポネクチンは良い影響を与えると言われています。アディポネクチンは、インスリン抵抗性を引き起こす物質の生産と働きを抑えることができるのです。

 

 

アディポネクチンの量が多いほどこの傾向にあるので、インスリン抵抗性が気になっている方にもアディポネクチンを増やす食品、サプリを摂取することはおすすめになります。特に、インスリンが効きにくい方にもアディポネクチンはおすすめできますね。

 

 

アディポネクチンを増やす食品とサプリ トップへ戻る