アディポネクチン 糖尿病

アディポネクチンと糖尿病

様々な病気に有効とされるアディポネクチンですが、糖尿病についての作用も注目されています。

 

 

現在、糖尿病の患者は約1000万人とも言われており、一度発病すると完治が難しく、今では国民病とも言われつつあります。

 

 

糖尿病が進行してしまうと、糖尿病網膜症になり失明したり、糖尿病腎症になり透析をしなければ生きていけなくなります。放置すると致命的な病気になるということですね。その糖尿病にもアディポネクチンはとても良い影響を与えます。

 

 

アディポネクチンは血糖値を下げるインスリンの働きを向上させる作用があるだけではありません。さらに、インスリン抵抗性(アディポネクチンとインスリン抵抗性参照)でインスリンが正常に働かない人にも、改善させる作用があるとされています。

 

 

 

 

複数の視点から、アディポネクチンは糖尿病に作用すると考えられ、とても有効であることがわかります。

 

 

もちろん、アディポネクチンは糖尿病の方だけでなく、糖尿病予備群の方の予防にも有効です。さらに、血糖値をコントロールすることは、肥満の予防にも繋がる(インスリンの分泌は、脂肪が付く原因になる)ため、ダイエットにもなりますね。

 

 

以上のことから、アディポネクチンは糖尿病の観点からも注目度が高まっています。血糖値が心配な方は、アディポネクチンを増やす努力をして対策してみるのも効果的です。

 

 

 

アディポネクチンを増やす食品とサプリ トップへ戻る