アディポネクチン 増やす サプリ

アディポサイトカインとは?

アディポサイトカインってなに?アディポネクチンに似ているけど関係性は?

 

 

そこで、アディポサイトカインについてまとめてみました。

 

 

アディポサイトカイン

アディポサイトカインとは体の脂肪細胞から分泌される物質、ホルモンのことです。

 

 

それってアディポネクチンと同じでは?と思われるかもしれませんが、厳密には違いがあり、アディポサイトカインは分泌される物質の総称でその一部がアディポネクチンになります。

 

 

つまり、脂肪細胞から分泌される物質は、アディポネクチン以外にもあるということですね。

 

 

具体的にはアディポネクチン、レプチン、遊離脂肪酸、PAI-1、アンジオテンシノーゲンなど。アディポネクチンを含むそれらを全て合わせたものがアディポサイトカインになるわけです。(ちなみに、アディポ=脂肪、サイトカイン=生理活性物質という意味です。)

 

 

 

 

脂肪細胞からはアディポネクチンだけでなく、他にも様々な物質が分泌されますが、内臓脂肪が溜まってしまうと、アディポネクチンてはなく、体に悪い物質の分泌を増加させることになります。つまり、アディポサイトカインには、善玉のものと、悪玉のものが存在することになりますね。

 

 

善玉のものとしては、有名なアディポネクチン、さらに食欲を抑えてくれるレプチンなど。逆に悪玉のものとしては、PAI-1、アンジオテンシノーゲン、TNFαなど。

 

悪玉の例

  • PAI-1・・・血栓を作りやすくなり、心筋梗塞、脳梗塞を起こしやすくする。
  •  

  • アンジオテンシノーゲン・・・血圧を上げるアンジオテンシンを分泌させる。
  •  

  • TNFα・・・インスリンを効きにくくして、糖尿病のリスクを上げる。

 

悪玉のものを減らし、善玉のアディポネクチンを増やすことで健康で長生きできる体になります。特に、アディポネクチンは超善玉と言われていますね。

 

 

 

アディポネクチンを増やす食品とサプリ トップへ戻る