アディポネクチン レプチン

アディポネクチンとレプチンは何が違う?

アディポネクチンとレプチン

様々な病気を予防したり、肥満や老化まで防いでくれるアディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されます。同じく脂肪細胞から分泌されるレプチンとは?

 

 

アディポネクチンと同じくアディポサイトカインの1つですが、何が違うのでしょう?レプチンについてまとめてみました。

 

 

レプチンの働き

アディポネクチンなど、脂肪細胞から分泌される物質を総称してアディポサイトカインと呼びます。その物質の1つがレプチンです。同じように脂肪細胞から分泌されますがアディポネクチンとは名前が異なるように、レプチンの人体に対する影響にも違いがあります。

 

 

レプチンの主な働きは、食欲を抑えたり、エネルギーの消費を促進したり、インスリン抵抗性を抑えるなど。つまり、簡単に言うと太りにくくしてくれるため、私たちの体に有益な働き方をしてくれるんですね。

 

 

ただし、レプチンがこの働き方をしてくれるには実は条件があるんです。

 

 

レプチンが有益に働くには?

レプチンには1つ大きな特徴があり、太りにくくしてくれる働き方をするのは、体型が太っていないときに限ります。

 

 

 

 

体型が太ってしまうと、レプチンがうまく働かなくなってしまうため、食べても満腹感を得られなくなることで食欲が抑えられなくなってしまいます。そして、増えすぎた脂肪細胞から分泌されるレプチンは、高血圧を起こす原因になることがわかっています。

 

 

このように、体型次第ではレプチンの働き方が 変わってしまうわけですね。肥満体型にならないようにすることで、レプチンを有益に働かせることができて、さらにアディポネクチンの分泌も増やせます。年齢を重ねても健康的な体でいるためには、体型管理も重要なポイントになることがわかりますね。

 

 

 

アディポネクチンを増やす食品とサプリ トップへ戻る