アディポネクチン 低い

アディポネクチンが低いとどうなる?

幅広く様々な病気に対して有効な影響をもたらすアディポネクチン。体の中のアディポネクチンを増やすだけで、健康で長生きしやすくなりますが、逆に体内のアディポネクチンが低いとどうなるのでしょう?

 

 

アディポネクチンが低いとどうなる!?

 

 

具体的にチェックしてみましょう!

 

 

アディポネクチンが低い基準は?

アディポネクチンは、具体的な数値を検査することも可能です。各病院の血液検査で数値を知ることができ、男性の平均は8.3μg/ml、女性の平均は12.5μg/mlです。これより低いと平均よりも低いということになりますね。検査を受けたい方は、まずは電話で、かかりつけの病院や近くの病院にアディポネクチンの血液検査をできるか確認してみると良いですね。

 

 

 

 

ですが、わざわざアディポネクチンの検査するのも面倒・・・という場合は、大まかにですが判断基準や傾向もあります。

 

 

アディポネクチンが低い可能性が高い方は?

  • 肥満である
  • 痩せすぎている
  • 病気になりがち
  • ガン家系
  • 基本的に女性より男性は低い

などがあげられます。

 

 

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されますが、脂肪が多過ぎると低くなり、逆に脂肪が少なすぎても低くなる傾向があります。アディポネクチンの分泌には、程よい体型が良いのですね。

 

 

どうしても男性は女性より低くなりがちで、その部分は仕方ないことでもあります。基本的に女性が男性より長生きなのはアディポネクチンも関与していると考えられています。

 

 

アディポネクチンが低いとどうなる?

では、アディポネクチンが低いとどうなるのでしょう?

 

 

アディポネクチンが低いと、太りやすくなるだけでなく様々な病気にもかかりやすくなります。動脈硬化や糖尿病、ガンなど。基本的にはアディポネクチンを増やすとなりにくくなる病気全般のリスクが、低いと逆に増すことになるんですね。

 

 

 

 

具体的な数値では、5μg/ml以下だと低アディポネクチン血症と言われるくらい、低いと判断されているので、あまりに低い人は注意が必要です。

 

 

アディポネクチンが高い、低いでは、直接様々な病気全般に影響を与えることがわかりますね。

 

 

幸いアディポネクチンは、自分の努力で増やすことができるものです。単純に長生きするだけでなく、健康で長生きするために、アディポネクチンを増やす意識をされてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

アディポネクチンを増やす食品とサプリ トップへ戻る